義歯・入れ歯|札幌市西区西野の歯医者なら【医療法人社団 敬慎会 西野きむら歯科】

診療時間 日・祝
9:30~13:00
14:00~19:00

▲:土曜 17:00まで
休診日:日曜・祝日

〒063-0038
札幌市西区西野8条7丁目3-18

tel. 011-671-8148
EMAILはこちら
  • 地図
  • mail
  • メニュー

義歯・入れ歯は、失った歯の大切な代わり

義歯・入れ歯には、部分的に歯を失った場合は部分入れ歯(バーチャルデンチャー)、すべての歯を失った場合は総入れ歯(フルデンチャー)の2種類があります。また素材によって保険適用のものと保険適用外(自費)のものがあります。
いずれも歯を抜いた部分の歯ぐきの粘膜で咬む力を支える構造になっているので、口の中の形態を正確に型取りしたり、粘膜の状態に合わせて義歯を微調整し、精密に適合させることが必要となります。

義歯・入れ歯以外の欠損補綴方法としては、インプラントやブリッジなどがあります。それぞれの特徴を理解し、患者さまのお口の状態を確認して、ご希望に合わせた最適な治療法を選択することが大切です。

インプラント >
部分入れ歯

部分的に歯を失った場合の治療法です。
自分の歯の代わりとなる「人工歯」と、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の「床(しょう)」、これらを残っている歯に固定するための「クラスプ(留め具)」から構成されています。

  • 保険適用

    樹脂の人工歯と床、金属のクラスプ

  • 保険適用外

    目立たない白いクラスプを使用したもの、ノンクラスプ(留め具が無い)デンチャーなど

総入れ歯

すべての歯を失った場合の治療法です。
総入れ歯は、自分の歯の代わりとなる「人工歯」と、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の「床(しょう)」から構成されています。総入れ歯と粘膜の吸着力で維持させます。

  • 保険適用

    プラスチックの人工歯と床のみ

  • 保険適用外

    セラミックの人工歯、金属床など、ご要望に合わせた素材の使用が可能

歯が抜けたまま放置すると・・・

札幌市西区西野8条・西野きむら歯科

歯を抜いたまま放置していると、残っている歯が徐々に移動し、咬み合わせが悪くなります。咬み合わせが悪くなると咀嚼力(食物を噛み砕く能力)が低下してしまいます。また、残っている歯への負担が大きくなり、歯周病などの原因にもなってきます。