ホワイトニング|札幌市西区西野の歯医者なら【医療法人 敬慎会 西野きむら歯科】

診療時間 日・祝
9:30~13:00
14:00~19:00

▲:土曜 17:00まで
休診日:日曜・祝日

〒063-0038
札幌市西区西野8条7丁目3-18

tel. 011-671-8148
EMAILはこちら
  • 地図
  • mail
  • メニュー

ホワイトニングとは

ご自宅での歯みがきや、歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の着色をキレイにし、歯を白くする方法です。歯の表面を削ったり、溶かしたりするのではなく、ホワイトニング材の成分が着色物質を分解するので、自然な白さを実感することができます。またホワイトニングは、単に歯を白くすることだけでなく、そのほかの診療と相互関係を保ち、患者様の満足度をより高めることができます。白い歯を手に入れると「もっと健康になりたい!」という意識が高まり、予防やメンテナンスにしっかり取り組むようになります。逆に、歯科治療や矯正治療を行うと「よりキレイな歯にしたい!」とホワイトニングなどで白い歯を目指したくなります。ホワイトニングを行うことで、健康で美しい歯への意識を高め、患者様が満足する歯になるためのお手伝いをすることができるのです。

また、ホワイトニングには「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2つの種類があります。ご自身に合ったホワイトニングの仕方を選択し、健康で綺麗な歯を目指しましょう。気になる点がありましたらお気軽にご相談ください。

ホワイトニングのメカニズム

歯の変色は、コーヒー・お茶・赤ワインなどの色のついた飲食物の色素が歯の表面から沈着するものから、加齢、薬物、喫煙などいろいろな原因があります。ホワイトニング剤に主成分として含まれる過酸化水素や過酸化尿素は一定温度になると、酸素と水に分解します。この分解時に発する酸素が、これらの歯の着色物を無色透明に分解します。

その結果白くなります

しかし、エナメル質の色を無色透明にしただけでは、黄色い象牙質の色が透けて見えるだけで、歯は白く見えません。歯を白く見せるためには、曇りガラスのようなマスキング効果も必要になります。 エナメル質は無数のエナメル小柱が束になってできており、ホワイトニング 剤から発生した酸素は、エナメル質表層のエナメル小柱の構造を角状から球に変化させます。球状となったエナメル小柱表面に光が乱反射して、曇 りガラスのようなマスキング効果を得ることができ、結果として歯が白く見える、という仕組みなのです。